無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 迷宮の果て問2‐3 | トップページ | 12月初頭投稿状況 »

2009年10月20日 (火)

WFP16号感想

今回は目玉が個人的に迷宮の果てなのでとりあえずそこから
問1は残念ながら余り興味が出なかったので考えもしなかったが53手の図は美しいですねぇ。と金を取っての機構や左辺での機構がきっちりできていて綺麗です
問2ですが、まずは自作について
29手の図ですが、自作の機構を利用すれば数多作れます(笑
色々試せば分かると思うのですが収束の幅が意外に狭いんですよねぇ。原因は28歩と打った後の形で次の紛れを持たせるのが難しいのです
桂と銀を使って最初の機構を22手にすることも可能なはず・・・
で、現最長の31手(たくぼん氏)の図ですがこの上辺の金追いと収束系は考えたのですが最初の戻し方が巧いですね。七郎氏も指摘されてますが85に引く余地を残しているのが巧いです。という事は巧く金追いで回転されられれば更に伸びるという事ですねぇ。悩ましいです
最後に、妖精賞の系譜の上田氏作に感動した!!

« 迷宮の果て問2‐3 | トップページ | 12月初頭投稿状況 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迷宮の果て問2‐3 | トップページ | 12月初頭投稿状況 »