無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 11月度報告 | トップページ | 初形配置からの自殺Part3 »

2008年11月 4日 (火)

初形配置からの自殺Part2

前に初形配置からの自殺について書いてみた
この検討も今やFMがあるから余裕でしたが・・・
1)初形配置から先手+後手が1手ずつ任意の手を指す
2)3手目から連続王手で自殺する
Jupiter氏から
+「駒取り無し」だったか「同一地点2度通らず」だったかの条件で問題が載っていました
との事なので考えてみた@FMが・・・
という訳で早速検討してみるが・・・
まずは駒取りなし=取禁で早速FM先生に尋ねてみる
2手目から50手で検索しても不詰・・・
60手にするともう解析局面数が多くて解けない
そんな訳で人力も利用する事にしてみたが・・・どうすれば詰むのか分からない
形は飛車を軸にした開き王手または角を軸にした開き王手しかないと思うが
駒取りなしでそんな形にできるのだろうか?
やはり、後者が濃厚なのだろうと考え始めるがこれが意外に難物
最終で同○が使えないので結構大変そうだ
そんな訳で
1)初形配置から先手+後手が1手ずつ任意の手を指す
2)3手目から連続王手で自殺する
3)同一地点への着手なし
これで考えてみる事にしよう
詰むとしても結構難しい気がする。。。何せ、歩を取れないのだから
さて、どうなんだろうか??
TTTですか・・・この課題をフェアリーでやろうと考えてみた
A)初手と最終手が同じ。但し、駒を打つ手と、駒を動かす手は区別しない。成・不成は区別する
B)ある駒が、少なくとも3度動いて、元の位置に戻る。但し、成って元の位置に戻るのも可とする
A)の方は出来そうですね。とりあえず、協力9手で拵えようとしたが余詰が・・・
でも何とかなりそうだ
B)これはアンチキルケ辺りを利用して初形位置から動かして初形位置へ飛ばして自殺
CIRCEで相手の駒を初形位置から動かして最後に取って初形位置に復活
でも、再生復活は動いた事になるのか??
深く考えないで作ろう
裏TTTを開く事を考えてみる
問題は
1)ルール差をどうするか⇒これは手数をある程度制限掛ける事で誤魔化しますか・・・
最近は受先とかもあるので偶数でも色々できますからね
2)誰がJudgeするか・・・
これは結構問題になってきます。ルールが多彩なフェアリーの場合は特にそうでしょう
知らないルールとかだと大変です
そんな訳で以下が妥当ではないかと思います
課題はA)だと仮定すると 1)手数は7~9手 2)現在提供されているFMで完全検討可能なルール
3)JUDGEする人間は1人
何という無理がありそうな企画だろうか・・・

« 11月度報告 | トップページ | 初形配置からの自殺Part3 »

コメント

阪神半疑様
教えていただいてありがとうございます。

このコメントに気づかず、Mixiの方に問題を紹介してしまいました。
お許しください。

もし、お申し出があればMixiに掲載した作品は削除させていただきます。


たぶんこの作品かと思います。

作者:阪神半疑
発表誌:詰将棋パラダイス
発表年月:1990年12月
手数:106
完全性:余詰
分類:取禁ばか自殺詰
手合割:平手  
後手の持駒:なし
9 8 7 6 5 4 3 2 1
+---------------------------+
|v香v桂v銀v金v玉v金v銀v桂v香|一
| ・v飛 ・ ・ ・ ・ ・v角 ・|二
|v歩v歩v歩v歩v歩v歩 ・v歩v歩|三
| ・ ・ ・ ・ ・ ・v歩 ・ ・|四
| ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・|五
| ・ ・ 歩 ・ ・ ・ ・ ・ ・|六
| 歩 歩 ・ 歩 歩 歩 歩 歩 歩|七
| ・ 角 ・ ・ ・ ・ ・ 飛 ・|八
| 香 桂 銀 金 玉 金 銀 桂 香|九
+---------------------------+
先手の持駒:なし
先手:
後手:
手数----指手---------消費時間--
1 3三角(88) ( 0:11/00:00:11)
2 6二玉(51) ( 0:03/00:00:03)
3 5一角(33) ( 0:05/00:00:16)
4 5二玉(62) ( 0:02/00:00:05)
5 6二角成(51) ( 0:02/00:00:18)
6 4二玉(52) ( 0:02/00:00:07)
7 5二馬(62) ( 0:03/00:00:21)
8 3三玉(42) ( 0:03/00:00:10)
9 4二馬(52) ( 0:01/00:00:22)
10 4四玉(33) ( 0:03/00:00:13)
11 3三馬(42) ( 0:02/00:00:24)
12 3五玉(44) ( 0:03/00:00:16)
13 2四馬(33) ( 0:02/00:00:26)
14 4五玉(35) ( 0:02/00:00:18)
15 4六歩(47) ( 0:02/00:00:28)
16 4四玉(45) ( 0:02/00:00:20)
17 4五歩(46) ( 0:01/00:00:29)
18 5五玉(44) ( 0:02/00:00:22)
19 5六歩(57) ( 0:02/00:00:31)
20 6四玉(55) ( 0:03/00:00:25)
21 4六馬(24) ( 0:03/00:00:34)
22 5四玉(64) ( 0:02/00:00:27)
23 5五歩(56) ( 0:02/00:00:36)
24 6四玉(54) ( 0:02/00:00:29)
25 5四歩(55) ( 0:02/00:00:38)
26 6五玉(64) ( 0:01/00:00:30)
27 4七馬(46) ( 0:03/00:00:41)
28 5五玉(65) ( 0:02/00:00:32)
29 5八飛(28) ( 0:03/00:00:44)
30 6四玉(55) ( 0:02/00:00:34)
31 4六馬(47) ( 0:03/00:00:47)
32 6五玉(64) ( 0:03/00:00:37)
33 5五飛(58) ( 0:02/00:00:49)
34 6四玉(65) ( 0:01/00:00:38)
35 9五飛(55) ( 0:03/00:00:52)
36 7四玉(64) ( 0:03/00:00:41)
37 9四飛(95) ( 0:01/00:00:53)
38 8四歩(83) ( 0:03/00:00:44)
39 6四馬(46) ( 0:01/00:00:54)
40 8五玉(74) ( 0:03/00:00:47)
41 8六馬(64) ( 0:01/00:00:55)
42 7四玉(85) ( 0:02/00:00:49)
43 7五歩(76) ( 0:01/00:00:56)
44 6四玉(74) ( 0:02/00:00:51)
45 7四歩(75) ( 0:01/00:00:57)
46 6五玉(64) ( 0:03/00:00:54)
47 9五飛(94) ( 0:01/00:00:58)
48 8五歩(84) ( 0:02/00:00:56)
49 7五馬(86) ( 0:01/00:00:59)
50 5六玉(65) ( 0:04/00:01:00)
51 9六飛(95) ( 0:01/00:01:00)
52 8六歩(85) ( 0:03/00:01:03)
53 5七馬(75) ( 0:01/00:01:01)
54 6五玉(56) ( 0:04/00:01:07)
55 9五飛(96) ( 0:02/00:01:03)
56 6四玉(65) ( 0:02/00:01:09)
57 7五馬(57) ( 0:01/00:01:04)
58 5五玉(64) ( 0:03/00:01:12)
59 6四馬(75) ( 0:01/00:01:05)
60 5六玉(55) ( 0:03/00:01:15)
61 5五飛(95) ( 0:01/00:01:06)
62 4六玉(56) ( 0:03/00:01:18)
63 5八飛(55) ( 0:01/00:01:07)
64 4七玉(46) ( 0:02/00:01:20)
65 4八飛(58) ( 0:03/00:01:10)
66 5七玉(47) ( 0:02/00:01:22)
67 7五馬(64) ( 0:02/00:01:12)
68 6六角(22) ( 0:03/00:01:25)
69 6八銀(79) ( 0:03/00:01:15)
70 5六玉(57) ( 0:02/00:01:27)
71 5八飛(48) ( 0:03/00:01:18)
72 5七角成(66) ( 0:03/00:01:30)
73 6五馬(75) ( 0:02/00:01:20)
74 4六玉(56) ( 0:03/00:01:33)
75 6四馬(65) ( 0:01/00:01:21)
76 5六玉(46) ( 0:02/00:01:35)
77 4六馬(64) ( 0:02/00:01:23)
78 6五玉(56) ( 0:03/00:01:38)
79 5六馬(46) ( 0:01/00:01:24)
80 7五玉(65) ( 0:03/00:01:41)
81 6六馬(56) ( 0:01/00:01:25)
82 8五玉(75) ( 0:03/00:01:44)
83 8四馬(66) ( 0:01/00:01:26)
84 7六玉(85) ( 0:02/00:01:46)
85 9四馬(84) ( 0:02/00:01:28)
86 8五飛(82) ( 0:03/00:01:49)
87 7七銀(68) ( 0:04/00:01:32)
88 7五玉(76) ( 0:01/00:01:50)
89 8四馬(94) ( 0:02/00:01:34)
90 6五玉(75) ( 0:02/00:01:52)
91 6六歩(67) ( 0:03/00:01:37)
92 6四玉(65) ( 0:02/00:01:54)
93 7五馬(84) ( 0:03/00:01:40)
94 5五玉(64) ( 0:02/00:01:56)
95 6五馬(75) ( 0:01/00:01:41)
96 4六玉(55) ( 0:03/00:01:59)
97 6四馬(65) ( 0:00/00:01:41)
98 5五飛(85) ( 0:04/00:02:03)
99 4八飛(58) ( 0:03/00:01:44)
100 5六玉(46) ( 0:03/00:02:06)
101 6五馬(64) ( 0:03/00:01:47)
102 6七玉(56) ( 0:03/00:02:09)
103 5八金(69) ( 0:02/00:01:49)
104 7八玉(67) ( 0:03/00:02:12)
105 4七金(58) ( 0:03/00:01:52)
106 6八馬(57) ( 0:03/00:02:15)
107 詰み ( 0:30/00:02:22)
まで106手詰

不確定な情報を真剣に考えていただきありがとうございます。

うろ覚えですが、
1)初形配置から先手+後手が1手ずつ任意の手を指す
2)3手目から連続王手で自殺する
+駒取り無し
の様な気がします。

確か詰め上がり図が記載されていて、ほとんど全駒が残っていたような???記憶が???あります???

手数は100手オーバー
ウルトラ難解作だったようです。

いずれにしても、このような不確定な情報では、解図には時間の無駄となりますので、過去詰パラを見てみますね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初形配置からの自殺Part2:

« 11月度報告 | トップページ | 初形配置からの自殺Part3 »